近時の動向  

銀行業規制監督庁は、2018年11月1日に、金融部門に対する債務のリストラクチャリングに関する規則(以下、「規則」)の改正規則(以下、「規則案」)をトルコ銀行組合の組合員に配布しました。    

改正の内容  

規則案が現在の状態で公表された場合、

  • トルコの債務者にローンを提供している外国金融機関は、債権者の過半数の承認又はその他の条件に服さずに、財務リストラクチャリング手続に参加することができます。
  • トルコの銀行、ファイナンスリース会社、金融会社、ファクタリング会社、資本市場機関、保険及び再保険会社、支払サービス及び電子マネー機関並びにシステムオペレーターは、債務者として財務リストラクチャリングに申請することはできません。
  • 財務リストラクチャリング契約の締結により時効は中断されません。

結論  

外国金融機関は、規則及び金融部門に対する債務のリストラクチャリングに関する法案に関する懸念を共有しました。規則案により一定の懸念に応えたことになります。 更に、外国金融機関の財務リストラクチャリングへの参加に関する原則及び手続は、基本協定で規定されるため、トルコ銀行組合により作成され、銀行業規制監督庁の承認により施行される基本協定の改正も期待されています。