これらの見解では、各種財産権の主体の訴訟上の地位とそれらへの法の適用をすべて平等に扱い、非公有制財産権の平等な保護を重視し、中外の当事者の訴訟上の権利と実体的権利を平等に保護することが強く求められている。また、法に基づき知的財産犯罪に制裁を加え、司法による知的財産保護を強化することにも力が入れられる。司法解釈と指導的事例を適時に公表して、法に基づき懲罰的賠償制度の適用を推進することも求められており、ブランドの信用の保護が強化されて、不正競争紛争事件が法に基づき審理され、組織化・産業化した知的財産犯罪に対する処罰も強化される。

最高人民法院研究室の顔茂昆主任の説明によれば、2つの見解によって、司法解釈と指導的事例を適時に公表して、法に基づき懲罰的賠償制度の適用を推進することが求められ、ブランドの信用の保護が強化されて、不正競争紛争事件が法に基づき審理され、組織化・産業化した知的財産犯罪に対する処罰も強化されるということは、知的財産権侵害の法定賠償額の上限が引き上げられて、特許権、著作権などの知的財産権侵害に対する懲罰的賠償制度の確立が検討され、情状の重い悪意による侵害行為に対して懲罰的賠償を適用し、権利者が侵害行為を差し止めるために支払った合理的な支出を侵害者に負担させることを明確に示しているという。