最新の動向

トルコ内閣は2017年度国別上限リストを承認しました。同リストにはトルコ輸出信用銀行により提供される現金及び非現金による政府援助輸出貸付及び保険の国別上限がリストアップされています。2017年11月22日付第30248号官報で内閣の政令が公表されました。

新規情報

財政及び債務管理法(第4749号法律)第10条に従い、トルコ輸出信用銀行はトルコ共和国を代理して外国、外国の組織及び国際援助借款団に貸付を行うことができます。トルコ内閣は、毎年取引国及び国別貸付上限を決定します。これに関する上限及び基準の詳細は下記のとおりです。

  • 国別上限リストによると、グループ合計限度額は77億5千万米ドルです。リスクグループ別のグループ上限額及び国別上限額は下記のとおりです:OECD第0-IIグループのグループ上限額は15億米ドル、国別上限額は7億5千万米ドルです。OECD第IIIグループのグループ上限額は15億米ドル、国別上限額は6億米ドルです。OECD第IVグループのグループ上限額は10億米ドル、国別上限額は4億5千万米ドルです。OECD第Vグループのグループ上限額は12億5千万米ドル、国別上限額は4億米ドルです。OECD第VI、VIIグループのグループ上限額は12億5千万米ドル、国別上限額は3億5千万米ドルです。
  • 1年の期間で外国に行う国際貸付及び中長期保険補償範囲の合計額は上述のグループの国別上限額を超過することはできません。
  • 内閣の許可に基づきトルコ輸出信用銀行により提供される貸付に関して上述の上限は免除されます。
  • 多国籍開発銀行、様々な国で子会社がある銀行グループ、持株会社及びその他輸出信用組織へ行われる貸付では上限から除外されます。

結論

国別貸付上限は新しい国別貸付限度リストが内閣により承認されるまで有効となります。