最新の動向 

銀行業規制監督庁により、消費者自動車ローン、自動車担保付消費者ローン及び顧客の自動車のファイナンスリースにおけるローン基準額の計算に関する二つの規則が改正されました。本改正は2017年12月12日付第30268号官報で公表され、同日施行されました。 

改正内容 

改正前は、自動車価格が50,000トルコリラ以下の場合ローン資産価値比率は最高70%、一方、自動車価格が基準額である50,000トルコリラより高額の場合、基準額である50,000トルコリラを超えた部分のローン資産価値比率は最高50%でした。改正により、基準額が50,000トルコリラから100,000トルコリラに変更されました。 

結論 

自動車価格の絶え間ない上昇に対して銀行業規制監督庁が行った改正により、自動車の購入に際してより高額のローンを利用することができるようになりました。