【出典:IPRdaily中国語版/incoPatイノベーション指数研究センター】

2017年12月26日にIPRdailyはincoPatイノベーション指数研究センターと共同で、2017年の企業専利の実施許諾件数ランキング(上位100位)を公布した。資料統計期間は、2017年1月1日~2017年12月20日で、資料統計の参考基準は、「中国で公開され、かつ2017年に国家知識産権局に実施許諾が登録されている専利(注:特許、実用新案、意匠の総称)の件数であること」である。統計によると、2017年に中国国家知識産権局で実施許諾が登録された専利は4,448件であり、そのうち、特許が2,269件、実用新案が1,402件、意匠が777件である。

  • 2017年の専利の実施許諾件数上位20位の大企業は下記の通りである。

  • 2017年の中国各省市における専利実施許諾ランキングは下記の通りである。

  • 2017年の専利代理機関が取り扱った専利実施許諾件数ランキング

  • 2017専利の価値強度の分布

実施許諾に成り得る中国の専利の専利価値度は4点以上である。そのうち4~6点は8件あり、いずれも失効専利である。7~8点は1000件あり、22.48%を占めている。9~10点の高価値専利は77.34%を占めており、10点に達した専利は1,721件ある。