中国の商標登録出願件数が数年間連続で世界一に

2008年に国家知的財産戦略が実施されてから今年7月までで、中国の有効な登録商標の累計件数は1718万件に達して、平均して6.1人の市場主体につき1件の登録商標を保有していることになり、中国の商標登録出願件数も数年間連続で世界一となった。また、中国では、それに続いて特許分野でも年間の発明特許出願件数と国内の権利者の有効な発明特許保有件数との「2つの100万件」の大きな進展が実現されている。

2017年の中国の商標登録出願件数は574万8000件に達し、前年比で55.7%増加していたが、2018年は、1~7月で商標登録出願件数は418万300件に達して、前年同期比で49.05%増加し、世界の商標の増加に対する中国の貢献率は80%を超えている。

また、2017年から開始された商標登録便利化改革によって、中国国内の商標審査期間は、法律に定められている9ヵ月から7ヵ月以内まで短縮されて、マドリッドシステムで中国を指定した国際商標登録出願の審査期間も同じように短縮され、国内外の出願人にとって商標権取得の効率がさらに一層向上している。

世界知的所有権機関(WIPO)の公表している「世界イノベーション指数ランキング」によると、中国のランキングは5年間で12位上がっているが、世界で最も価値あるブランドのランキング100強では、ランキング入りした中国のブランドが、2012年に1社であったのが2017年には既に13社まで増加しており、ブランド価値も937%増加しているとのことである。

また、2018年7月末までで、中国では、地理的表示4,453件が登録されているが、これは、国家知的財産戦略が実施される前の15倍にも上るという。

国家知識産権局の英文名称がSIPOからCNIPAに変更

国家知識産権局事務局の国家知識産権局の新しい英訳名等の事項の

正式な使用開始に関する通達

局の機関各部門、特許庁各部門、局の各直属団体、各社会団体 御中

国務院官房秘書局の『国務院機関の英訳名の印刷配付に関する通達』の趣旨の実施を徹底するため、局の承認を経て、2018年8月28日から、当局は、新しい英訳名「National Intellectual Property Administration,PRC」又は「China National Intellectual Property Administration」の正式な使用を開始する。対外的な正式な略称は、「CNIPA」とし、口頭では、C、N、I、P、Aとアルファベットで順に発音させるものとする。

各部門‐団体においては、実施を徹底され、業務の実際を勘案して、新しい英訳名の通りに速やかに政府ウェブサイトのドメイン名、新聞雑誌、公式微信の公式アカウント等に相当の調整をされ、調整における重要事項については、手続に従って承認を求められたい。

右通達する。

国家知識産権局事務局

2018年8月28日