台日特許審査ハイウェイ(PPH)プログラムは2012年5月1日から試行開始を実施し、2014年5月1日から増強型特許審査ハイウェイ(PPH MOTTAINAI)に改正して、今年既に3年満了している。

台日経済関係はずっと密切であり、日本は外国人でわが国へ発明特許出願が最も多い国であり、2016年に合計12,006件出願し、わが国からも日本へ1306件の発明特許出願がある。

双方の発明特許出願の審査を加速し、出願人に早く特許を取得させるため、双方は台日増強型特許審査ハイウェイ(PPH MOTTAINAI)を2017年5月1日から3年間試行を延長することに同意し、台日双方の出願人に便利なPPHサービスを継続的に提供する。