2016年11月29日、国家知識産権局から『特許の厳格な保護に関する若干の見解』が公表された。同見解では活動目標が掲げられ、2020年までに、特許を厳格に保護するための政策法規体系と活動体制構造を一応健全化し、特許に関する事件の取締りに力を入れて、その効率と水準を全体的に向上させ、特許保護に協力する体制を効果的に運用して、特許権の付与、確認、行使の連携体制を良好に運用して、迅速に共同して保護する体制を全体的に強化することで、特許保護と発明の水準、特許の質との間に良好な相互影響関係を形成するとされている。また、特許権侵害行為や特許表示冒用行為を効果的に抑制して、犯罪分子を厳しく取り締まり、特許権者の法的な権利を着実に守ることで、権利者と社会公衆の特許保護に対する信頼度、満足度を大幅に向上し、特許権行使の能力を顕著に向上させ、創作を尊重し、イノベーションを尊ぶ気風をさらに強めることで、特許が厳格に保護されるという状況を一応形成するとしている。

現在、インターネット等の侵害が著しい被害地帯に対して、同見解では、オンライン特許取締監督管理体制を強化することにも触れられている。ネットワーク取引プラットフォームに対する監督管理を強化して、事業者のプロバイダ加入を確認し、日常の事業の各場面で特許権保護のついて明確な要求を示し、侵害行為や表示冒用行為についての内部苦情処理体制をネットワーク取引プラットフォームが確立するよう指導するという。また、ネットワーク取引プラットフォームとの協力も強化して、侵害や表示冒用に対する早期警戒モニタリングや事前のリスク防止を強化することで、特許権侵害や特許表示冒用のような違法行為の端緒を速やかに発見し把握する。電子商取引分野においても特許に関する取締りの協力配置体制を強化して、オンライン事件の処理効率とオンラインからオフラインに移る事件の協力水準を向上するとする。オンラインでの特許権侵害と特許表示冒用の端緒については、オフラインでの調査も積極的に行い、法に基づき迅速に処理する。国際間の電子商取引についても特許に関する取締り、監督管理を厳格に行い、国内での監督管理と国際間の監督管理の連携を促進することで、侵害行為や表示冒用行為を全力で取り締まるとのことである。