電話消費者保護法(「TCPA」)では、同意なく ファックスを送信することが禁止されている。また、 事前の同意のない自動音声通話にもこの禁止が適用さ れる。TCPAで認められている約定損害賠償による と、損害額はかなりの高額となり得るため、TCPAは クラスアクション(集団訴訟)で利用されることが多 い。キャピタルワン社及び他の集金会社は、被告は個 人の携帯電話に同意なく荷電したと主張され たTCPAに基づく訴訟について、和解することに同意 した、と発表した。Decl. of Jonathan D. Selbin, In re Capital One Tel. Consumer Prot. Act Litig., No. 12-CV-10064 (N.D. Ill. July 14, 2014) (ECF No. 131-1) 和解金額は非常に 大きく、キャピタルワンが支払う金額は7500万ドルを 超えている。この和解についての裁判所承認が待たれ ている。