世界知的所有権機関(WIPO)が11月23日にジュネーヴで発表したところによると、2015年に中国の特許出願件数は初めて1年で100万件を超え、世界の特許出願件数の最高記録更新を促す原動力となっているとのことである。

当日公表された『世界知的財産指標』の年次報告書からは、2015年に世界各地のイノベーターから計約290万件の特許出願がなされていて、2014年と比較して7.8%増加しており、特許保護のニーズが6年間連続して高まり続けていることが示されている。

2015年に中国国家知識産権局では110数万件の特許出願が受理されているが、米国の特許出願は約58万9000件で第2位、日本は約31万8000件で第3位、韓国は約21万3000件で第4位であるので、中国の出願件数は、世界で第2位から第4位の米国、日本、韓国の特許所管官庁で受理された特許出願の総件数にほぼ相当することになる。

WIPOのガリ事務局長の話によると、2015年に世界各地の政策決定者は、みな経済成長を刺激しようとして知的財産権の出願を促進し、よい成果を上げているという。中国が世界の特許出願の増加を後押しし続けている以外にも、多くの国で知的財産の利用が増加していることは、グローバル知識経済において知的財産が益々重要となっていることを物語っている。

また、2015年に全世界で約124万件の特許が登録されていることも、中国で特許登録件数が増加したことによるものであり、その前年と比較して5.2%増加している。中国で2015年の特許登録件数は約35万9000件にも達し、米国の約29万8000件を超えて登録件数が最多の国となっている。このほか、商標や工業的意匠の登録出願においても、中国は世界一となっている。