テキサス州南部連邦地方裁判所は、ノーブル社の 元CEOであるマーク・A・ジャクソン氏、及び、ノー ブル社の現従業員、同社ナイジェリア子会社の地域マ ネージャーであるジェームス・J・ルーレン氏に対し て証券取引所(SEC)が提起した民事訴訟にもいて、 最終判決を出した。See SEC Settles Pending Civil Action Against Noble Executives, Litig. Release No. 23038 (July 7, 2014) 訴状によると、ジャクソン氏及びルーエン氏 は、ナイジェリアの税関が職員に対して贈賄行為を行 い、実際にはナイジェリアから輸出されていないにも かかわらず、ナイジェリア法での要件を満たすため、 石油掘削装置がナイジェリアから輸出され再輸入され たかのように見せかける虚偽の文書を作成させ た。SECによると、当該虚偽の文書により、ノーブル 社は、輸出と再輸入に関するさらなる税関義務を免れ ることができた。本件がトライアルに進む6日前に締 結された和解では、罰金は求められておらず、差止の み求められている。既にノーブル社は、SECが提起し たFCPA違反において和解し、また、同一の行為につ いてDOJとの間で不起訴契約を締結している。