We use cookies to customise content for your subscription and for analytics.
If you continue to browse Lexology, we will assume that you are happy to receive all our cookies. For further information please read our Cookie Policy.

Uchida & Samejima Law Firm

Follow

いわゆる明示的一部請求の訴えの提起と残部についての消滅時効の中断の関係

Japan - November 15 2017 数量的に可分な債権の一部についてのみ判決を求める旨を明示した訴えに係る訴訟において債権の一部が消滅している旨の抗弁に理由があると判断されたため判決において上記債権の総額の認定がされたとしても当該訴えの提起は残部について裁判上の請求に準ずるものとして消滅時効の中断の効力を生ずるものではない

Advanced Midwifeアドバンス助産師事件

Japan - November 10 2017 原告は平成26年12月9日指定役務を第35類市場調査又は分析助産師のあっせん助産師のための求人情報の提供第41類セミナーの企画運営又は開催電子出版物の提供図書及び記録の供覧

特許法102条2項に基づき損害額と推定される利益に消費税が含まれるとした事例

Japan - September 8 2017 発明の名称を生海苔異物分離除去装置における生海苔の共回り防止装置とする発明についての特許権を有する原告が被告ら4名に対し生海苔異物除去機本件装置等の譲渡貸渡し等が原告の特許権を侵害するなどと主張しこれらの行為の各差止め本件装置等の廃棄損害賠償等を求めた原審では被告2名の行為に対する本件特許権侵害を認めて差止め及び廃棄並びに損害賠償を認め原告の請求を一部認容した本件は原審の敗訴部分に不服のある原告が控訴し併せて請求の拡張等しかつ原審の敗訴部分に不服ある被告が控訴した事案である

除くクレームにおいて新たな技術的事項を導入するものに該当しないと判断された事例

Japan - October 6 2017 訂正事項(a)は特許請求の範囲に記載された金属酸化物の種類を訂正前より限定するものでありこれによって新たな技術的事項を導入するものではないからこれに係る訂正は願書に添付した明細書特許請求の範囲又は図面に記載した事項の範囲内においてするものということができる

いわゆる容易の容易に当たるから容易想到性を認めることはできないとして審決を取り消した事例

Japan - February 26 2018 平底幅広浚渫用グラブバケットという名称の本件発明につき当業者が主引用例において周知技術が解決すべき課題を認識するとは考え難いなどと判断して容易想到性を否定し本件特許を無効とした審決を取り消

いわゆる容易の容易に当たるから容易想到性を認めることはできないとして審決を取り消した事例

Japan - February 26 2018 平底幅広浚渫用グラブバケットという名称の本件発明につき当業者が主引用例において周知技術が解決すべき課題を認識するとは考え難いなどと判断して容易想到性を否定し本件特許を無効とした審決を取り消

被告による非正規品のリサイクルトナーカートリッジの製造販売等が不正競争防止 法2条1項13号判決当時本稿執筆時は2条1項14号以下においては本稿執筆 時の号名を記載するに規定の品質等誤認惹起行為に該当するとして原告による 差止請求損害賠償請求を認めた事例

Japan - January 31 2018 本件はトナーカートリッジを製造販売している原告Aと同トナーカートリッジに付された商標の商標権者である原告Bとが共同原告となって被告に対し不正競争防止法及び商標法に基づく差止及び損害賠償請求を行った事案であるこのうち原

豊岡柳事件

Japan - January 29 2018 平成29年行ケ第10094号知財高裁H291024 判旨 本件商標に係る特許庁の無効2016890051号事件について商標法4条1項15号の判断を誤ったことを理由として取り消した事案である キーワード 豊岡柳事件吉岡杞柳細工地域団体商標商標法4条1項15号

発明の名称を入退室管理システム受信器および入退室管理方法とする発明につき進歩性を認めて無効審判請求を不成立とした審決がその判断に誤りがあるとして取り消された事例

Japan - January 19 2018 発明の名称を入退室管理システム受信器および入退室管理方法1とする特許権特許第4763982号以下本件特許権というについて特公平535935号公報以下刊行物1という等に基づく進歩性違反等を理由とする無効審判無効2015800019号以下本件無効審判

意匠権39条1項但書の推定覆滅事由代替品の存在について判断した事例

Japan - January 16 2018 意匠権を侵害した者が意匠法39条1項但書の推定覆滅事由として代替品の存在を主張するにあたり意匠権者の非実施品当該登録意匠を実施しない製品の存在を主張することが同覆滅事由として認められなかった事例 キーワ