RYUKA IP Law Firm

Follow

発明の単一性およびシフト補正の禁止

September 24 2020 拒絶理由に応じて補正された請求項は、審査された請求項と「発明の単一性」を満たす必要があります(シフト補正の禁止)。ここで、下記1のいずれかを満たす発明が「発明の単一性」を満たします。 1.発明の単一性 (1)請求項1の全ての発明特定事項(構成要素)を含む、同一カテゴリーの発明…

米国における商標の使用証明

April 19 2020 米国では実際に使用している商標のみが保護されます。このため出願した商標を実際に使用している証明(宣誓書面と使用証拠)を、定期的に米国特許商標庁に提出する必要があります。 1.提出する時期 (1) 登録前 (A)使用意思に基づいた出願…

分割出願の要件

September 24 2020 特許査定または拒絶査定を受取った後(濃いドット)にも分割出願をできます。ただし拒絶査定不服審判を請求した後に査定または審決を受領した場合は、分割出願をすることができません。…

Japan Patent Law, Just Amended

June 1 2018 Grace period for the exceptions to the loss of novelty has been extended from 6 to 12 months. This applies to patents, designs and utility models and…

意匠法改正:「関連意匠の関連意匠」の活用

November 25 2019 意匠法の新法が2020年春に施行されます。新法の下では、最初の基礎出願から10年に渡り、基礎出願に類似する関連意匠や、関連意匠に類似する関連意匠を順次出願することができます。これらの意匠の存続期間は、基礎意匠の出願日から25年です。…

イギリスのEU脱退が与える影響(特許・意匠・商標)

October 4 2020 EUとの離脱協定が成立し、移行期間満了日である2021年1月1日まで3か月程となりました。移行期間満了後の各法域への影響は以下の通りです。 特許 欧州特許庁(EPO)はEUの機関ではありませんので、影響はありません。 意匠・商標 イギリスへの登録引継ぎ…

米国における使用証拠(商品)についての注意事項

October 2 2020 「商品」についての使用証拠を準備する際、以下の点に留意する必要があります。 ●商標が商品自体又はパッケージに付されている写真又はその写真が掲載された紙面や画像を準備する。パッケージを証拠として提出する場合は、商品全体像が分かるものも添付する。…

今年の短答試験・難問はこれだと思います

October 1 2020 五肢択一問題ですが、非常に難しかったです。最初正解は2だと思ったのですが、違いました。後日もう一度考え直し、正解に辿り着きましたが、初見で解くことはできませんでした。 優先権について問われた本問のように、特許…

分割出願の要件

September 24 2020 特許査定または拒絶査定を受取った後(濃いドット)にも分割出願をできます。ただし拒絶査定不服審判を請求した後に査定または審決を受領した場合は、分割出願をすることができません。…

発明の単一性およびシフト補正の禁止

September 24 2020 拒絶理由に応じて補正された請求項は、審査された請求項と「発明の単一性」を満たす必要があります(シフト補正の禁止)。ここで、下記1のいずれかを満たす発明が「発明の単一性」を満たします。 1.発明の単一性 (1)請求項1の全ての発明特定事項(構成要素)を含む、同一カテゴリーの発明…