Articles

Results 1 to 5 of 20


≪確定判決(不正競争防止法2条1項20号の事案)に基づく間接強制の事案紹介≫

Japan - December 19 2022 本件は、請求異議事件であるが、その前提となる債務名義となった確定判決(知財高判令和3年3月30日〔平成31年(ネ)第10008号〕、以下「本件知財高裁判決」という。)は、大要、以下のとおりであった。…

≪共同発明者の判断基準について「技術的思想の特徴的部分」という文言ではなく、「技術的思想(技術的課題及びその解決手段)」という文言を用いた例≫

Japan - November 16 2022 本件は、K学大学院S研究科の修士課程に在籍していた原告が、名称を「癌治療剤」とする特許権に係る発明は、原告が同大学院在籍中…

≪平成16年改正特許法35条に基づき職務発明規程に基づく対価支払いの不合理性を判断した例≫

Japan - November 15 2022 本件は、被告会社の従業員であった原告が、被告会社に対し、被告在職中に職務発明及び職務創作意匠をなしたとして、特許法35条3…

≪薬事法66条1項の「記事を広告し、記述し、又は流布」する行為の意義≫

Japan - November 4 2022 製薬会社(被告会社)の従業員A(被告人)が、大学の医師等により実施された高血圧治療薬Xの臨床試験(本件臨床試験)及びその結果に基づいて行うサブ解…

≪ノウハウに係る職務発明に関し独占の利益がないとして対価請求権を認めなかった例≫

Japan - October 28 2022 本件は、ゲームソフト、ゲーム機(ハードウェア)を製造する会社(以下「被告会社」という。)に勤務していた原告が、被告会社の業務範囲に属し、かつ、…