Articles

Results 6 to 10 of 14
Most popular |Most recent


≪拡大先願における先願発明の完成・未完成≫

Japan - January 29 2021 特に先願明細書等に記載がなくても,先願発明を理解するに当たって,当業者の有する技術常識を参酌して先願の発明を認定することができる一方,抽象的であり,あるいは当業者の有する技術常識を参酌してもなお技術内容の開…

≪差止請求等事件≫

Japan - January 29 2021 原告と被告の間で、被告が原告製品を製造する製造委託契約(秘密保持義務が規定されている。)が締結され、被告は、原告製品を製造した。同契約の終了後、被告は、原告製品と競合する被告製品を製造・販売したので、原告が、営業秘密の侵害及び秘密保持義務違反を主張したところ、情報の非公知性が否定され、請求が全部棄却された。…

≪審決取消請求事件≫

Japan - January 25 2021 実施例が、特定の条件下で得られたものであることは認めながらも、原告(無効審判請求人)が主張する諸条件を変化させても課題解決手段の機序が大きく阻害されたり、全く異なる機序に変化してしまうとは解されないという本件の事情の下、課題の解決が認識できるとしてサポート要件充足を認めた。…

≪販売差止等請求控訴事件≫

Japan - November 18 2020 共同開発契約の当事者の一方(情報受領者)が、他方(情報開示者)から開示された「ノウハウ」を他に使用することが契約上禁止されていた事案において、当該「ノウハウ」が情報受領者が契約前から有していた情報であったことを主な理由として、情報受領者が「ノウハウ」を使用したとは認められなかった。また、当該情報は、不正競争防止法上の営業秘密にも当たらないと判断された。…

≪OGGETTI事件≫

Japan - November 17 2020 文字部分がイタリア語の単語「OGGETTI」である原告商標に対し、文字部分が「Oggetti」のみである被告標章について類似性を肯定し、文字部分が「Oggetti」又は「OGGETTI」以外に英語を含む被告標章について類似性を否定した事案。…