Articles

Results 1 to 5 of 14
Most popular |Most recent


《チラシ中の表現の著作物性が否定された事例》

Japan - February 18 2020 コンタクトレンズ販売店のビジネスモデル自体は、著作権による保護の対象にならない。本件において、そのビジネスモデルを表現したチラシにおける各表現方法自体は、ありふれたものにすぎないため、創作性があるとは認められない。…

≪特許料追納期間の徒過の「正当な理由」が否定された事例≫

Japan - November 8 2019 【知財高裁令和元年6月17日判決(平成30年(行コ)第10006号) 異議申し立て棄却処分取消請求控訴事件】 【判旨】…

IP High Court Decision - A case in which the support requirement was determined to be satisfied

Japan - April 9 2021 While a working example disclosed in the detailed description of the invention were found to be obtained under specific conditions, the IP High Court…

[Decision of the IP High Court dated 17 June, 2019 (2018 (Gyo-ko) No. 10006) - Appeal case of seeking revocation or dismissal of objection] “Legitimate reason” for failure to pay the patent fee in the period for late payment was denied

Japan - March 16 2020 The statement “has a legitimate reason” prescribed in Patent Act, Article 112 - 2 (1) shall mean a situation where, despite the person’s reasonable…

≪発明の進歩性を否定し,無効審判請求不成立審決を取り消した事例≫

Japan - January 21 2020 発明の名称を「酸味のマスキング方法」とする特許について,マスキング剤として,アスパルテームを製品濃度1~200 mg%(=0.001~0.2重量%)で添加する引用発明から,スクラロースを製品の0.0028~0.0042重量%で添加することは容易に想到することができたとして,発明の進歩性…