2015年国家知識産権局は「電子商務分野の知的財産権保護に関する工作方案」を確実な実施を基礎に、さらに電子商務分野の特許の法執行・権利行使の「カミナリ」行動を実施した。過去の案件処理経験に基づき、ネット監視、手掛かりの享有、案件判断等の仕組みを創新し、速やかなメリットを発揮する。統計によると、2014年国家知識産権局は電子商務分野の特許侵害、模倣品案件2800件を処理した。2015年1~11月までは、全部門は電子商務分野特許侵害、模倣品案件約4000件を処理した。

 最近、国家知識産権局は電子商務分野の特許の法執行・権利行使の協力仕組みをさらに強化し、電子商務分野の特許の法執行・権利行使協力仕組みを建立健全させ、ネット上案件処理の協力とネット上ネット下案件の接続を強化し、責任と保障仕組み等に関する具体的配置を強化することによって、インターネットにおける知的財産権の法執行管理の効果を向上させる。

HFGのコメント」

国家知識産権局は電子商務分野の特許の法執行・権利行使を強化することから、中国知財裁判所の司法保護以外に、特許権侵害の行政摘発(ネット上、ネット下)は知財権者の一つの重要な権利行使の手段でもあることが現れている。