Hadley v. Doe, No. 118000, 2015 WL 3791449 (Ill. June 18, 2015)において、原告は、インターネット・ユーザーで ある被告が、新聞のインターネット上掲示板において 名誉毀損的供述を掲載した、と主張した。原告は、被 告のインターネット・サービス・プロバイダーに対し て被告の個人特定情報を開示するよう命じる命令を求 めた。第一審はこれを認め、控訴審も維持し、イリノ イ州最高裁判所もこの判断を維持した。同最高裁判所 は、イリノイ州規則のもと、原告が個人特定情報の開 示が「必要」であることを立証した場合には、原告に 対して責任を有する可能性のある個人を特定する情報 を入手する目的で証拠開示を受けることができる、と 指摘した。同最高裁判所は、この必要性を立証するに あたり、原告は、請求却下申立てが認められないだけ の十分な主張を示さなければならない、と判示した。 そして、この基準は、名誉既存的供述に対する原告の 権利保護と、匿名で発言する権利を効果的に落ち着か せるのに十分な程度の低い開示基準であるべきとの要 請の間のバランスが取れたものである、とした。同最 高裁判所は、名誉毀損が明らかであることを原告が立 証すれば、被告は名誉毀損を行う権利は有さないこと から、修正第1条に関する懸念は存在しないため、よ り厳格な基準は不要である、と判示した。