2015年9月28日、中国は行政事業性費用の標準を軽減すると決定し、そこには商標登録費、著作権登録出願費、ソフト著作権登録証明書費用、植物新品種保護権費用等が含まれ、また特許年費の軽減時限を延長した。

2015年10月15日中国は工商部門の商標登録受理費、農業部門の植物新品種保護権費用等、新聞出版広電部門のソフト著作権登録出願費とソフト著作権登録証明書費用、林業部門の植物新品種保護権費用等を軽減した。

 中国は2016年1月1日から、国家知識産権部門の特許年費の軽減時限を延長し、「特許費用軽減弁法」の規定により国家知識産権局専利局の許可により特許費の軽減に符合するものに対し、特許年費の軽減時限を現在の特許権付与の前3年から前6年に延長した。

HFGのコメント」

当該行政費用の軽減および自動的な特許年費の軽減時限の延長は、ニュース1であげられた中国の知的財産権管理と保護の強化に関する基本国策が表れている。