201677日、中国最高人民法院の副院長陶凱元は、全国の知財裁判の座談会で、知財裁判の実務を結合し重要なスピーチを行った。当該スピーチは最高裁が下級の裁判所による裁判へのガイドラインに関わった。具体的な要点は下記の如きである。

知財に対する司法保護の安定性と方向性をより強化する。知財法律の適用の安定性と予期される可能性をもっと重要視し、司法基準の統一せず、又は頻繁に変化することを避けるべきである。司法裁判の規則のガイダンスの役割をもっと重要視すべきで、是非を弁別し、法基準を明確にすることを通じ、当事者が正確な行為方法を選択するためにガイドし、知財の非訴訟で紛争の解決のために根拠と参考を提供すべきである。

知財に対する司法保護の終局性と権威性をより強化する。手続き公正の独立した価値を尊重し、訴訟権利の平等を重要視し、訴訟手続きの規範と訴訟過程の透明性、実体の公正を保護することを実現しながら、実体問題の解決と実体公正の実現を終極的な目標とし、手続きのアイドリング又は司法の機械化を避け、最大限に司法の紛争解決の効果を実現すべきである。

司法審査と司法監督の職能を更に発揮する。知財の権利付与・権利確定の行政行為と行政法執行行為の合法性に対する全面的審査を強化し、当事者の訴訟理由の厳格な制限を受けない。紛争の実質的解決と当事者の手続き権利への保障の両方を配慮し、状況変更の原則を適当に適用させ、積極的に行政権利付与・権利確定案件の裁判方法を探り改善し、循環訴訟と手続きの往復を防ぐ。訴訟対象となった権利付与・権利確定行政行為が某特許商標の出願又は特許商標権を却下し、その根拠となった基礎事項が行政訴訟中で存在しないことが確定され、訴訟対象となった行政権利付与・権利確定行為の維持が請求人又は権利者にとって明らかに公平でないので、状況変更を理由に直接に当該権利付与・権利確定行為を取り消すと判り、行政機関に対して、新ためて裁決を下すことを命じることができる。訴訟対象となった権利付与・権利確定行政行為の処理結果に一部が誤って、且つ、当該誤った部分が分割処理できれば、一部判決修正を行うことができる。

知的財産権の民事手続きと行政手続きの関係をよりよく処理する。誠実信用の原則に反し、又は他人の合法的な先行権を侵害して知的財産権を取得した権利者が他人の権利侵害を主張する場合、案件の具体的な状況に応じ、権利濫用にあたることを理由に、その訴訟理由を支持しないことができる。先行権利者は被告による知的財産権の取得と行使が、自分の合法的な先行権利を侵害したことを理由に、直接に被告を権利侵害又は不正競争に当たると訴える場合、事実を究明したうえ法により裁判しなければならず、行政手続きの処理結果を先決条件にする必要もなければ、行政手続きが進行中のため訴訟を中止する必要もない。権利請求項が明らかにはっきりとしない特許権である場合、あらゆるクレームの解釈のルートと方法を試みても、依然と特許権利請求項の概念を確定したり、解釈によって説明したりすることができない場合、直接に支持しないと裁決でき、行政手続きの結果を待つ必要がない。

市場価値の実現を目標にし、更に損害賠償の度合いを高める。知財の損害賠償金額を確定する際に、補償をメインとし、懲罰を補助とする効果を実現する。重複に権利侵害し、故意によって権利侵害した行為者である場合、具体的な案件の状況に応じ、市場価値より適当に高い損害賠償額を確定することができる。直接に故意による商標権侵害の場合、重複な権利侵害で、商標の冒認又は他の厳重な状況にあたる場合、法により懲罰的な賠償を適用することができる。権利者がその実際の損失又は権利侵害者の不法取得を証明する一部の証拠を提出し、賠償を計算するための必要なデータであるとの認定に十分であれば、なるべく状況に応じる賠償を定める方法で損害賠償額を確定すべきである。合理的な支出への支持を強め、法に別途に規定がない限り、法定又は状況に応じる賠償を定めることを適用する場合、合理的な権利主張のコストをも別途計算すべきである。

臨時措置保護を強化し、司法救済の対象性と有効性を高める。証拠保全、財産保全、行為保全の条件に符合すれば、全て速やかに関連措置を採らなければならない。行為保全の条件を合理的に把握し、オフセットしにくい損害を見積もるときに、被請求人の行為が請求人の市場信用への悪影響、市場における先発優位性への破壊、正当な販売行為が市場から追い出された可能性等は、どれも考量に入れる。

訴訟における誠実信用の構築を大いに推進し、証拠メカニズムを有効に運用して厳格保護の法的効果を強化する。一方の当事者は既に全力で立証したが、関連証拠を提出できず、相手の当事者が当該証拠があるにもかかわらず、正当理由なしで提供を拒否する場合、一方の当事者の主張に必要とする当該証拠で証明する事実が真実であると推測できる。一方の当事者が故意で証拠を棄損・隠蔽・偽造し、証拠保全又は証人による証明を阻害し、対抗すれば、当該証拠又は証人の証明しようとする事実は当該当事者に不利であると推定できる。

状況を区別し、権利侵害行為の性質、役割、権利侵害者の悪意の程度に基づき、適切に保護を行い、賠償を確定する。製造業者等の権利侵害者のルーツにおける権利侵害行為について、侵害された知財の市場価値及び権利侵害行為者の営利への貢献度により、賠償額を高める。販売業者、インターネットカフェーの経営者、端末の使用者に対して、具体的な状況に応じ、その権利侵害責任を負うべきか、及び負うべきの賠償額を合理的に確定すべきである。善意使用者の市場取引の安全を確保するため、特許権侵害品の使用者が合法的な出所とすでに合理的な対価を支払ったことを証明できれば、相応する使用行為を止めなくても結構である。