先日、「世界IP殿堂」入りをしたことのある米国連邦巡回控訴裁判所の元首席判事・ランドー・レド氏が、中国北京市の楽視(LeEco)本社を訪問し、楽視と戦略的協力合意を締結した。このことは、今年上半期に特許出願件数が前年同期比の14倍に増加して、世界でも一流の科学技術企業へと躍進することに成功したのに続いて、楽視のグローバル特許戦略がさらに米国知的財産界の大御所から戦略的支持を得られたことを意味している。今回の楽視とランドー・レド氏の戦略的協力は、楽視の北米における特許の出願と保護、北米市場において発生し得る特許戦争に全米でも最高の知的支援が得られ、第4四半期に楽視のすべての製品が北米市場に進出する上での支援が与えられたことを意味していると知的財産界のアナリストは分析している。