世界知的財産権組織が最近公表した「2015年世界知的財産権報告」は、飛行機、抗生物質、半導体等技術に続き、3Dプリント、ロボット、ナノ技術は将来、世界経済発展の新たなエンジンになると指摘した。

ロボット技術:日本同族特許は世界首位

同族特許に関して、「報告」によると現在日本の有するロボット技術同族特許は世界一位で、39の同族特許はここで探すことができる。アメリカと中国の有する同族特許は37%、ドイツが29である。残りはその他ヨーロッパ国と韓国であり、中国以外の中位および下位収入国家が有する同族特許は1.4%である。最も多くのロボット技術特許を有する大学または研究所の前10位がすべてアジアに位置し、中国が6個で、また前3位が中国である。

3Dプリンタ:2大開発社が特許出願の上位

2010年中国人が当該技術の特許出願数の一位であり、ほぼ日本とアメリカの当該技術の特許出願数の合計と同じである。工業化3D分野で、二つの多きなシステム開発社がこの業界を主宰している。即ち、アメリカのStratasys3D Systemsで、同業界での特許出願数は前2位に入る。アメリカ、ドイツ、日本は1995年以来の最も多くの3Dプリンタ特許技術を有する企業の前10位に入る。

ナノ技術:商業秘密の保護にさらに依頼

「報告」では「ナノ技術の特許出願状況からは同分野の不完全かつ片面的な情報しか得ることができない」と書いてある。なぜなら、多くのナノ技術発明は逆工程することができないため発明者はそれを秘密にし、特許出願をしない傾向がある。他の技術と比べ、ナノ技術は特に商業秘密の保護に依頼するが、これは多くの会社にとって商業秘密は研究開発投入の一つの重要な対策であるからだ。