中国科学院は、先日、北京で記者会見を開催して、『中国科学院「第13次5ヵ年計画」発展計画要綱』を発表した。中国科学院の「第13次5ヵ年計画」発展計画によれば、中国科学院は、基礎複合領域研究、先端材料、エネルギー、生命及び健康、海洋、資源・生態環境、情報、オプトエレクトロニクスなどの8大イノベーション分野を巡って、飛躍的な発展の実現が見込まれる60件の重大な進歩と、将来新たな優位性を発展させる80件の重点的に育成する方向を簡潔に示している。そして、戦略的に争われる一部の分野で国際的な優位性を確保するよう努め、いくらかの新興の複合領域でトップランナーやパイオニアとなって、重大で独創的な成果、重大で戦略的な技術や製品、重大なモデル転換プロジェクトを生み出し、より多くの効果的でハイエンドな科学技術の供給を提供して、国家のイノベーション能力と関連産業の国際競争力を高めようとしている。