In re Groupon Marketing and Sales Practices Litigation, 593 F. App’x 699 (9th Cir. 2015) (Nos. 13-55118, 13-55128)におい て、連邦地方裁判所は、グルーポン社のマーケティン グ実務について争われたクラスアクションの和解を承 認していた。しかし、第9巡回区控訴裁判所は、公開 されていない意見において本件を差し戻した。第9巡 回区控訴裁判所は、連邦地方裁判所による和解の公平 性についての評価は行わなかったものの、クラス(集 団)への救済の価値について少なくとも公平に計算 し、クラスに提供される便宜と原告(クラス)代理人 弁護士に支払われる弁護士費用を比較することが連邦 地方裁判所の裁判官には求められる、と協調した。そ して、第9巡回区控訴裁判所は現在の記録に基づき和 解を評価することができないため、これらの金額の計 算を行うか、予想される価値の幅以内とするため、本 件を差し戻した。