原告らは、性別予想テストの製造者が欺罔行為に関与 したと主張し、カリフォルニア州法に基づき救済を求 めた。連邦地方裁判所は、全国的なクラス認証を行 い、事件は和解により終結した。和解において、クラ ス構成員は、現金による支払いを受ける権利があり、 被告らは、シープレー原則(当事者の意思に表示され たとおりの法的効果を与えることが不可能となった場 合、その意思にできるだけ可能な限り近い効果を与え ようとする原則)に基づいて支払いを行う、とされ た。California v. IntelliGender, LLC, 771 F.3d 1169 (9th Cir.2014) (No. 13-56806)  カリフォルニア州は、同じ被告に 対して、誤解を招く広告を行ったと主張して罰金、不 当利得返還、その他救済を求める申立てを行った。 第9巡回区控訴裁判所は、先行するクラスアクション において和解が行われているため、先の和解を行った クラスを含む市民に代わり提起された不当利得返還を 求める州の訴えは禁止される、と結論付けた。裁判所 は、政府が、原告が既に求めたのと同じ救済を求めて 訴えを提起した場合、この訴えは当該クラスと利害関 係を有し、先に行われた判断において解決される、と 理由付けた。しかし、罰金の訴えは、これとは異なる 関係にある。罰金を求める場合、州は、クラスアク ションで解決された不当利得返還の訴えとは全く異な る個人的な利益及び公衆の利益を守ろうとしている。 よって、先行の和解により、不当利得返還の訴えのみ が禁止される。