アメリカCNNによると、この一年間でホバーボードはアメリカアマゾンで一位のスポーツとアウトドア用品である。中国業界では2015年中国ホバーボードの生産額は100億人民元に達すると予測されている。

最近買主に通知しない状況で、アマゾンは一方的に一部の買主にお金を返還し、その中では3~4か月前の注文もあった。お金の強制的返還、貨物の破棄、販売の禁止以外に、アマゾンはすでに購入した顧客へメールを送り、自主的に返品するよう注意させた。アマゾンはさらにイギリスですべてのホバーボードの取下げをし、またイギリスのTesco、JohnlewisとArgosも相関商品の販売を中止した。

 ある商家によると、12月12日、アメリカアマゾンは同国ホバーボード会社Razorの弁護士から特許侵害の摘発を受け、すべてのホバーボード製品を削除し、売主のIDを三ヶ月凍結するよう求められた。同日アマゾンは売主へメールを送り、続けて販売する場合二つの条件を満たさなければならないと明らかにした。即ち:一つは製品電池と充電に関する安全証明書の提供、もう一つは相関証拠および弁護士の連絡先を提供し製品の権利侵害無の証明が必要である。

 中国深セン特区の同業界の者によると現在約100万台の在庫が正常な販売ができなく、その価値は4億ドル(約25.91億人民元)で、凍結された資金は2億ドル(約12.96億人民元)に達する。相関貿易会社の正常な運営ができない損失は5億人民元で、直接影響された従業員は10万人越えている。 

 この取下げ事件の背景は、実は異なるホバーボード陣営間での特許紛争である。業界の話によると、ホバーボードは最初はアメリカ籍中国人shane chen氏が発明し、最初はスケートボート型の図を画き、そこに電池で両輪を滑らせる概念を提出し、2012年にアメリカで最初の特許を出願した。しかし、中国杭州のある大学教師(騎客の創業者)はこの概念を製品化し、もっとも重要な自動平衡調節を機械平衡調節に変え、製品化に成功し、28個の特許を出願し、産業化した。この案件に巻き込まれた多くの中国販売者はすでに杭州騎客から特許使用権を得たというが、アマゾンはこれを認めなく、直接その製品を削除した。

 アメリカCNBCの報道によるとRazorとshane chenは独占特許授権協議を締結し、今年9月以来shane chen陣営はすでにアメリカ地方裁判所で騎客(IOHawk)と小米(Segway)の侵害について起訴した。現在、係る数百の中国アマゾンホバーボード販売者は団結して共同で声明し、法律で自分の正当な利益を保護しょうとする。