2016年1月中旬、Lannyは北京知識産権法院の裁判官と面会し、北京知識産権法院における案件審理の全体的状況について交流を行った。北京知識産権法院の裁判官の紹介によると、新商標法の実施により、法院システム内では商標行政訴訟案件の審理期限について明確な規定と強化を与えた。そのため、2015年10月8日から12月末まで、北京知識産権法院の裁判官は皆残業して積まれた案件を処理し、現在のところ積まれた商標案件の多くは既に審理終了された。また2016年には、2014年以前に立案され2015年に開廷されなかった案件を集中して審決する見込みである。

北京知識産権法院の裁判官によると、現在同法院の案件処理には、以下のようないくつかの特徴があるという。1)2015年商標案件が大量に審決されたが、特許案件の審理は遅れている。そのため、北京知識産権法院は特許案件に対して審理を催している。2)知的財産権侵害賠償額に関して、北京市知識産権法院はその賠償額を大幅にアップし、国際基準と一致させようとする。3)2015年において、少なくない裁判官が弁護士と転職し、その中には有名な知識産権分野の裁判官もいた。そのため、知識産権法院に裁判官不足の状況が起こった。2016年北京知識産権法院は先駆け改革し、裁判官チームの構築を強化し、よって知識産権法院の裁判官のエリート化及び安定性を確保する狙いだ。

[HFGコメント]:Lannyと北京知識産権法院は深い交流を行った。同法院裁判官によると、商標法の第三次修正案が実施された一年以来、同裁判官は新商標法に新たに規定された「懲罰的損害賠償」について深く検討と研究を行った。その原因は、現在のところ、中国各地法院は一つの「懲罰的損害賠償」も判決しなかったからだ。同裁判官は、HFGが訴訟に関する良い素材を提供できるなら、北京知識産権法院はこの領域において実践的突破をし、相関賠償判決を下す意向があるといった。