中国と東南アジア諸国連合との商標協力強化

 

2016年まで中国は東南アジア諸国連合との対話協力はすでに25年になる。中国は最初に東南アジア諸国連合と自由貿易区を設立した国である。最近、自由貿易区の昇級版の話し合いを完了しており、中国と東南アジア諸国連合との自由貿易区はすでに世界最大の開発途上国の自由貿易区になっている。


2015年中国と東南アジア諸国連合との双方貿易額は4.722億米ドルに達し、双方累計投資額は1.565億米ドルに達する。中国は7年連続東南アジア諸国連合の最大の貿易パートナーになり、東南アジア諸国連合は5年連続中国の第3の貿易パートナーになった。中国と東南アジア諸国連合は現在積極的に<区域全面経済パートナー関係協定>(RCEP)の話し合い、<21世紀会場シルクロードの共同建設>等協力プロジェクトを推し進めている。これは中国、東南アジア諸国連合との「ダイヤモンドの10年」の協力関係のさらなる発展に持続的動力を提供している。


双方の密切な貿易往来の協力があるせい、中国工商部門及び市場監督管理部門は一連の専門プロジェクトの整理行動を展開し、模倣偽り侵害行為を打撃するとともに、商標権者と協力し、模倣偽り侵害行為を共同打撃するほか、積極的に司法部門との連携を強め、商標行政の法的執行及び刑事司法と協力するメカニズムを完美にさせている。


2011年から2015年まで中国工商部門及び市場監督管理部門は共同で捜査訴追すべき案件として調査処理した模倣偽り侵害案件は31,173件、偽り物製造拠点1万あまり箇所を突き止めた。法により司法機関に移送された犯罪容疑案件2,583件、事件に関わる金額は人民元28.7億に達する。


中国と東南アジア諸国連合はともに開発途上の国であり、自主ブランドを養成し、ブランドを積極的に運用して経済発展の形態転換の重要な段階に来ている故、双方は商標ブランドの保護の強化についてすでに高度の共同認識があり、関連分野の交換と協力の強化に積極的である。


現在中国はすでにタイ、マレーシア、インドネシア諸国と協力理解の覚書に署名している。商標に関する法制度、関連する新しい情報及び実務経験を共同で享有し、互いに頻繁に交流し、各々商標、貿易の紛争解決並びに侵害処理の経験を分かち合い、双方の商標登録出願に更なる便利完美な流れの提供を勝ち取り、同時に関係人員の養成教育に協力し、商標意識を高める等。