2016年1月、北京市海淀区人民法院はLouis Vuitton Malletier(Louis Vuitton商標所有者)の起訴を受理し、梁○、梁○○、韓○の淘宝でのLouis Vuittonブランドのカバン、靴等の偽物の販売行為に対し、Louis Vuittonの商標専有権に対する侵害行為を即時に停止し、且つ経済的損害賠償25万元を払うよう求めた。

調べにによると、2011年7月から、梁○○は淘宝店舗を経営し、各種の服装、カバン等の偽物を販売した。梁○○は仕入れ、価格、製品の図文紹介の制作等を担当し、梁○はネット上店舗の日常的管理、顧客サービス等を担当した。2013年2月から、梁○○は韓○から偽物を購入しネット店舗で販売し、その金額は合計100万以上に達した。2014年、梁○○、梁○、韓○は公訴され、刑事判決を経て偽登録商標を販売したと認定された。

Louis Vuitton Malletierが淘宝の店舗を起訴する案件は、社会で多くの注目を集めた。業界の人によると、Louis Vuitton Malletierの今回の権利行使行動の主な目的としては、電子商取引プラットフォームでLouis Vuitton製品の偽物を販売するその他の商家に対する警告でもあるという。

「HFGコメント」2016年に、知的財産権分野で権利侵害賠償額が大幅にアップされるかは中国知的財産権業界の今年の一つの大きな注目点である。中国で有名なB2C,B2Bサイト上での偽物の販売行為について、権利者が権利侵害賠償訴訟を提起し、かつ各種のルートでその資金と資産を保全することは、今後中国知的財産権侵害訴訟の主な動きの一つである。