ベトナムでの外資系物流会社の設立と外国人によるベトナム人パートナーからの持分取得は、より明確なルールで進めることが可能となりました。ロジスティクス分門は、国際条約とベトナム国内法の施行の間に矛盾が生じて、多くの方々を悩ませていました。一方、ベトナム商工省(MOIT)は最近、より明確な施行規則(通達第 9911/BCT-KH号)、そしてホーチミン人民委員会やベトナム・ビジネス・フォーラム(VBF)に対する返答を含む、複数の公式文書を発行しています。同時に、日系物流会社はベトナムで100%外資で子会社を設立しました。

国際条約は国内法に優先する。MOITからのコメントもその原則を繰り返しています。従って、殆どの場合にはまず、ベトナムのWTOサービス・セクター・コミットメント(WTOSSC)を参考します。それにより、倉庫及びフォワーダーのような事業活動は100%外資での市場参入が可能ですが、コンテナ積降などの分野ではベトナム人の資本参加が必要です。

Please click here to view table.

M&Aにおける外国人買い手としては、購入価格やその他の条件に加え、絶対に不可欠なものと任意な事業内容をリストアップし、対象企業への出資比率の最良のケース及び許容範囲を考慮し区別しておくことをお勧めします。

ヤマト運輸及び佐川急便は、ベトナムで独資での子会社を設立しました。これは100%外資で可能な事業内容を戦略的に選別した上で可能となっています。