Allen v. Bedolla, 787 F.3d 1218 (9th Cir. 2015) (No. 13-55106) において、原告は、雇用エージェンシーに対するクラ スアクションを提起した。調停による和解交渉が何度 か行われた後、450ミリオンドルの現金によるファン ドを創設する内容で合意に至った。当該ファンドのう ち25%を上限とする額がクラスを代理する弁護士に支 払われ、残りのうちクラスメンバーが主張する額につ いてはクラスメンバーに支払われ、その残額は被告に 返金されることになった。第9巡回区控訴裁判所は、 当該和解を承認した原審の判断を覆した。同控訴裁判 所は、Bluetooth事件における判決を適用し、当該和解 は、クラスを代理する弁護士が自身の利益により「和 解交渉に影響を与え」たとの「兆候がわずかでも」認 められるものである、と述べた。この厳格な要件を満 たす兆候は、以下のようなものである-クラスの代理 人弁護士が和解金額の一定比率以外の計算方法で和解 金額から金員を得るか否か、両当事者間の交渉におい て弁護士費用に関する特定の要求につき被告が反対す ることがなかったこと、和解に返金が含まれているこ と、である。本件における当該和解においては上記の 兆候が全て含まれており、また、連邦地方裁判所は和 解の公平性について説明しなかった。さらに、弁護士 費用の点について、控訴裁判所は、和解金額のうち 25%をクラスの代理人弁護士に支払うのが一般的に適 切とされている、との第9巡回区控訴裁判所による 「ベンチマーク」によっても、不当な金額の支払いに 至るような計算的アプローチにつながるべきではな い、と警告した。本件でクラスメンバーに分配された のは、40万ドル以下に過ぎなかった。当事者が和解し た際、このような低い金額を想定していたわけではな かったはずである。控訴裁判所は、なぜそのような低 い割合の金額について交渉したのかについて連邦地方 裁判所は疑問を抱かなかった、と指摘した。