2015年12月22日、国務院は「新形勢下における知的財産権強国の建設を促進する若干の意見」(以下「意見」という)を公布した。同意見は四つの基本原則を確定した。すなわち、戦略的リード、改革創新、市場主導、統筹兼顧(統一して計画し、それぞれ配慮する)原則を維持することである。同時に5つの重用な措置を取った。すなわち、知的財産権管理体制の改革、厳格な知的財産権保護の実行、知的財産権創造と運用の促進、重点産業の知的財産権の海外配置とリスク管理、知的財産権対外協力レベルの向上等がある。「意見」はさらに、より公平且つ合理的な国際知的財産権規則の構築を推進し、対外協力仕組みの建設を強化し、知的財産権公共外交ルートを開拓し、重点産業知的財産権の海外配置企劃を強化し、海外知的財産権リスクの警戒体系を完備、中国産業をグローバル産業チェン、価値チェンおよび創新チェンへの融合を促進しようとする。

HFGのコメント」

本「意見」は2016年知的財産権発展および保護の基調を定めた。内容からみれば、「意見」は、中国政府は企業の対外知的財産権協力の強化を励み、知的財産権の海外配置を開拓し、およびリスク回避することが分かれる。同時に、中国政府は知的財産権に対する厳格な保護を具体的措置の一位において、中国の知的財産権に対する保護力と措置を強化することがわかる。