2016年5月14日、「中国国際ラジオ放送番組のテーマソング」商標は、登録出願を経て、公告され、正式に登録証書が発行されたことで、中国の最初の成功に登録された音声商標となりました。

当該音声標識が中国国際ラジオ放送番組のテーマソングとして1998年7月1日に正式に使用し始められ、放送時間が40秒に続きます。作品はホーンからスタートし、広大なバックグラウンドを作り出し、それから、大声で清いトランペットと歌うような弦楽器が入ってきます。そして、アナウンサーが「中国国際ラジオ放送」のナレーターを放送し、柔らかいチェレスタのテーマソングが再度演奏され、中国国際ラジオ放送の一日の斬新な番組がスタートします。

伝統的な商標と違い、可視性の特徴を有しないので、音声はずっと登録できる商標の類型から排除されました。しかし、時代の進歩及び商品、役務の種類が絶えずに豊富になったことにつれ、音声は商標の表現方法の一つとしての優位性がますます目立つようになっています。他の種類の商標と比べ、音声商標は消費者に覚えられやすく、商品及び役務の出所を区別させやすく、そのスプレッドも方法によって広くなり、コストも低く、他の種類の商標より優れ、それと同時に障碍者の間で消費者層を拡大できます。例えば、映画を見った時に、「獅子の咆哮」を聞くと、すぐにこの映画がMGM社からの出品であると識別でき、また、アップル、サムソンとノキアの携帯電話の着メロ、マイクロソフトシステムが装着されたコンピュータがスタート時のサウンド等も消費者に一番早くその代表したブランドを識別させることができます。

2013年、中国が最新修正された『商標法』第八条に、初めて音声が商標として登録できると明確しました。つまり、ゲームの背景音楽、番組のテーマソング又はトレーラーの曲、広告用語、広告ソング、APP情報の提示音等のような音声は音声商標としての顕著性と識別力等の法定条件に符合すれば、どれも出願して音声商標として『商標法』に保護されます。

我が国の最初の音声商標「中国国際ラジオ放送番組のテーマソング」の登録が成功したことに連れ、益々多くの音声商標が次々と成功に登録になるだろうと信じます。